chromecast(クロームキャスト)とは何か。Huluなど動画配信サービスとの互換性は?

chromecast

テレビとスマホやパソコンを繋ぐ便利なアイテム、クロームキャスト。

スマホがテレビリモコンになったり、YoutubeやHuluがテレビで流せたりと、とても便利なアイテムです。

このページでは、Googleが開発・販売を行っているchromecastの機能紹介と、接続の方法、例としてHuluやYoutubeなどをchromecastを用いてテレビで再生する方法・手順などを紹介しています。

chromecastとは

Googleが2013年に発表したドングル型のデバイス。日本での発売は翌年の2014年5月28日からですね。価格は4,200円。消費税込みだと4,536円。結構しっかりした値段がしますね。

ドングル型デバイスとは
小さな装置を指す俗語のことです。その語が示す、chromecastは1番長い辺が7cm程度の小さなアイテムです。海外で生まれた言葉なので、「ドングリ」とは何の関係もありません。

位置付けとしては、デジタルメディアレシーバー。HDMI端子に挿入して使います。リモコンとなる装置とはWi-Fiで接続します。そのためchromecastを利用するためには、自宅に良好なWi-Fi環境が整っている必要があります。

chromecastは専用のリモコンが付いているわけでもなく、テレビリモコンから操作することもできません。どうやって操作をするかというと、パソコンやスマートフォン、タブレットを使います。操作・設定の方法は後述。

chromecastで具体的に何ができるか

chromecastでデバイスの映像をテレビに映すことを、公式では「キャストする」と表現しています。そのため当記事でも、以降は「キャストする」という表現を用います。

chromecastでテレビとデバイスとを接続すると、以下のことが可能になります。

スマートフォンをテレビリモコンに

chromecastでテレビとスマートフォンを接続すれば、スマートフォンをテレビリモコン代わりにすることができます。

各デバイスの画面をテレビに表示

スマートフォン、パソコン、タブレットの画面をそのままテレビにキャストできます。例えば、スマートフォンで撮った画像やムービー、好きなウェブサイトなどを、chromecast経由でテレビに表示し、楽しむことができます。

ゲストモードの設定

cromecastには「ゲストモード」というものがあります。家族・友人のデバイスをあらかじめこれに登録しておけば、いちいち面倒な設定をしなくても、各デバイスからのキャストが可能になります。

さまざまな動画配信サービスをテレビで視聴

chromecastはYoutube、Hulu、Netflix、dTVなど、さまざまな動画配信サービスに対応しています。パソコンやスマートフォンでこれらサービスを再生し、テレビにキャストすれば、さまざまな動画を大画面で視聴することができます。

chromecastに対応しているアプリケーション

chromecastを用いてテレビにキャストできる動画配信サービスのアプリケーションは以下の通りです。

  • Youtube
  • Netflix
  • Hulu
  • 無料動画 Gyao!
  • ビデオパス
  • U-NEXT
  • 楽天SHOWTIME
  • dTV
  • dアニメストア
  • auビデオパス
  • アニメ放題
  • NBA GAMETIME
  • MLB.TV Premium
  • TED
  • Google Play ムービー
  • Chrome

などなど。

全部書き出すとかなりの数になってしまうので、途中で中断させていただきました。詳しくはchromecastの公式HPで確認してみてください。

まあ、わざわざ公式HPまで行かなくても、定番の動画配信サービスのアプリケーションはほとんど対応しているので大丈夫ではないかな、と思います。

公式HPによればchromecast対応アプリケーションは「どんどん拡大中」とのことなので、もし一覧の中になかったとしてもいずれは見られるようになるのではないかと思います。機能的な面でもさまざまな拡大があることを期待しましょう。

補足
一般の人が作ったアプリケーションでもchromecastに対応させることができるので、それらを含めると、chromecastに対応しているアプリケーションの数は膨大なものになります。

chromecastをキャストする方法

スマートフォン、タブレットの場合

Youtubeを例に説明してみます。

1. Youtubeのアプリをダウンロード

最新のYoutubeのアプリケーションをAndroid搭載スマートフォンやタブレット、またはiOS搭載のタブレット、iPadにダウンロードする。

2. Wi-Fiネットワークに接続

スマートフォンまたはタブレットで、chromecastと同じWi-Fiネットワークに接続する。

3. キャストアイコンをタップ

スマートフォンまたはタブレットでYoutubeを開き、キャストアイコンをタップします。

キャストアイコンとはこんなやつです。

キャストアイコン

4. 動画を視聴する

キャストアイコンをタップした後で、動画を再生します。きちんと手順を踏めていれば、テレビ画面に動画がキャストされるはずです。

パソコンの場合

こちらは動画配信サービスHuluを例に説明してみます。

1. Huluを視聴可能にしておく

公式HPでアカウントを取得し、パソコンでHulu視聴できるようにしておく。

Hulu Japan

2. Chromeブラウザをパソコンにインストール

Chromeブラウザをパソコンにインストールしておきます。

Chromeとはこんなマークのブラウザです。

スクリーンショット 2015-12-12 12.25.05

パソコン内にすでにこのマークがある人は、インストールは不要です。

補足
パソコン用語に弱い人のために一応説明しておくと、ブラウザとは「Internet Explorer」や「Safari」「Firefox」など行った、インターネットをする時に使うアプリケーションのことです。ChromeとはGoogle社が提供しているブラウザです。Chromeを取得する場合は、検索窓に「chrome」や「クローム」などと打ち込めば簡単にダウンロードページへ行けます。

3. Google Cast拡張機能をインストール

chrome castをパソコンからキャストできるようにするための拡張機能をインストール。Google Cast拡張機能はこちらからインストールできます。

4. Wi-Fiネットワークに接続

パソコンからchromecastと同じWi-Fiネットワークに接続します。

5. Huluのウェブサイトにアクセス、キャストアイコンをクリック

見たい動画の視聴ページに行きます。3に成功していると画面ウィンドウ右上にキャストアイコンがあるはずなのでクリックします。

キャストアイコン

画像はmacのもの。こんな感じでちょこんとあります。windowsでも概ね同じです。

6. テレビでHuluを視聴する。

キャストアイコンをクリックした後で、動画を再生します。きちんと手順を踏めていれば、テレビ画面に動画がキャストされるはずです。

chromecastはどんな人におすすめか

当サイト管理人もchromecastを利用していますが、Youtubeを見ることが多い人やHuluなどの動画配信サービスに加入している人は大きな恩恵を受けられるのではないかと思います。

以前「Huluをテレビで見る方法について」という記事でも紹介しましたが、Huluの場合は「AQUOS」「VIERA」などのHulu対応テレビや「WiiU」「Playstation4」などのHulu対応ゲーム機を持っていないとテレビで画面で視聴することができないので、そういった場合はこのChromeが役立つと思います。

スマホ、タブレット、パソコンを持っていて、なおかつ大画面のテレビを持っている人にもおすすめですね。家族で撮った写真や友達と撮ったムービーなどをキャストすることもできるので、みんなが集まった時に見ればなかなか楽しめると思います。

さすがGoogleが作っただけあって精度の高いアイテムです。デザイン的にもスマートでかっこいいので、1つ持っていても損はないかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする