dTVのアカウント作成・登録の方法を画像付きで解説。登録のベストなタイミングとは?

dtv-eye

NTTドコモが提供している動画配信サービス「dTV」。

月額500円という格安の料金で、映画やドラマをさまざまな動画コンテンツが見放題できる人気の動画配信サービスですね。作品数・会員数は全サービスの中でもトップクラス。ドコモ会員でない人も利用することができます。

dTVの登録方法はとても簡単。

公式ホームページに行って、案内通り項目を入力していくだけです。

でも、いくら簡単と言われても、登録できるかどうか不安という方も少なからずいるでしょう。

そこで今回は、dTVの登録方法とその手順を画像付きでわかりやすくご紹介していきたいと思います。

dTV登録に必要なもの

dTVを利用するためには、最低限以下のものが必要になります。

  • インターネットに接続できる媒体(スマートフォン、PCなど)
  • クレジットカード

※無料期間だけ利用する場合も、一旦はクレジットカード情報のデータ入力が必要になります。

dTVの登録手順

1. dTVの公式ホームページへアクセス

まずは公式ホームページへアクセスしましょう。

以下のリンクをクリックすると、飛ぶことができます。(別タブで開きます)

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

2. 「無料お試しはこちら」をクリック

dTV登録1

画像の下に大きく表示されている「無料お試しはこちら」をクリックします。

3. dアカウントを持っている人はログイン、持っていない人はアカウント登録

さて、ここからが若干ややこしくなります。

たぶん画面はこんな形になっていると思います。

dTV登録2

なにやら二択を迫られていますね。

冒頭でも説明した通り、dTVはNTTドコモが運営するサービスなので、利用するためには「dアカウント」を持っている必要があります。

dアカウントとは?
スマートフォン、タブレット、パソコンなどでdポイントやdマーケット等のサービスを利用する際に必要なIDのこと。もともと「docomo ID」という名前だったが、2015年12月1日に「dアカウント」へと改名。

要するに、ドコモのサービスを利用するためのアカウントですね。

dアカウントは、入会金、年会費共に無料です。ドコモ以外の方はあまり必要ないと思いますが、これでdTVが見れるのなら安いものです。利用するためにアカウントを取得していきましょう。

なお、もともとドコモ会員の方やすでにアカウントを取得している方は、左側の赤いボタン「dアカウントをお持ちの方」をクリックします。ログインログインフォームに飛ぶので、IDとパスワードを入力してログインしましょう。

アカウントを持っていない方は、左側の白いボタン「dアカウントをお持ちでない方」を選択。

こんな画面になると思います。

dTV登録3

多分、ほとんどの方はドコモ回線を持っていないと思うので、下の「ドコモの回線をお持ちでない方」を選択することになると思います。dアカウントは、Facebook、Google+、Yahoo! JAPAN、mixiと提携しているので、これらのアカウントを持っている方は下の「○○アカウントで発行する」を選択した方が登録がスムーズに済みます。

入力フォームが出てくるので、名前やパスワードなど、必要事項を入力していきましょう。

dTV登録4

すべてのデータを入力したら、利用規約を読み、「同意に規約して次へ進む」を選択。

確認画面が出てくるので「上記の内容で発行する」をクリックしましょう。

dTV登録5

「次へ進む」を選択。

何やらまた利用規約が画面に表示されますが、こちらはドコモとの契約の利用規約です。dアカウントを取得しただけではdTVを利用することはできません。

解約は後で簡単に行えるので、ここではひとまず「同意する」を選択して契約を進めていきます。

dTV登録6

入力が必須なのはメールマガジンに関することだけですね。

必要がなければ「希望しない」でいいでしょう(たぶん必要ないと思います)。

すべて入力できたら下の「確認」を選択。

次の確認画面では「登録」を選択。

これで契約は完了です。

「戻る」を選択しましょう。

4. dTVに申し込む

ここまで長々とやってきましたが、実はこの状態では、まだdTVに登録したことにはなっていません。今までやってきたのは「dアカウントの取得」「ドコモとの契約」です。非常に面倒くさいし、ややこしいですが「dTVへの申し込み」はこれからです。

ここまで手順通りできている方は、以下のような画面になっていると思います。

dTV登録7

画面右上に「dTV」の文字がありますね。

スクロールし、利用規約と注意事項にチェックを入れます。

dTV登録8

受付確認メールは、必要がなかったら「送信しない」でOKです。

dTV登録9

すべてのチェックボックスを埋めたら「次へ」を選択。

5. クレジットカード情報の入力

最後にクレジットカード情報を入力します。

無料期間だけ利用するつもりの方も、一旦は、クレジットカード情報を入力する必要があります。

dTV登録10

入力が必要なのは、カード番号、有効期限、セキュリティコードです。

セキュリティコードは、カード裏面に書いてある3ケタの番号を入力しましょう。

無料期間だけ利用するつもりの方は、ページ内に書かれている以下の点に注意。

日付をまたいだお手続きについては、その前日がお手続き完了日となる場合があります(7/31にお申込みを開始し8/1に手続きが完了した場合でも、7/31がお手続き完了日となる場合があります)。
お客様が意図しない月額使用料金等が発生する場合がありますので、翌日をお手続き完了日としたい場合は日付が替わってから、再度ログインいただきお手続きください。

無料期間の適用は、31日のみ。dTVの料金発生のタイミングは日割りではなく月初めなので、31日から1日でもオーバーすると料金が発生してしまいます(と言っても500円ですが)。

1円も払いたくないという方は、上の注意事項に書かれているような形で予期せぬ料金が発生しないよう、31日ギリギリまで利用するのではなく、2、3日前に余裕も持って解約するようにしましょう。

すべての項目の入力が完了したら、ページ最下部の「手続きを完了する」を選択しましょう。

6. dTVで動画を見よう!

登録はこれで完了です。

dTV登録11

そのまま動画を見たい方は、青い矢印で示しているボタンを選択しましょう。

dTV登録のタイミングについて

このまま長期的にdTVを利用していこうと思っている方にはあまり関係ない話ですが、無料期間だけ利用しようと思っている方は、登録のタイミングを少しこだわったほうがいいかもしれません。

無料期間は31日間と決まっています。初回の登録時にだけ適用されるので、一回解約して残った無料期間を後で使うことはできません。

年末年始、GW、盆休みなど、自分が一番動画を見るための時間を確保できる時期に合わせて登録を行うと、無料期間の恩恵をより大きく受けられるでしょう。

dTV登録は以下のリンクからでも行えます。

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

快適な動画生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする