Vプリカを使ったHuluを無料で見る裏技に代わる裏技(?)を考えてみた。

Huluを無料で見る方法が通用しなくなる残念がる女性

少し前に、Vプリカを利用したHuluを無料で見続ける裏技が流行っていました。

今はHulu側が対応したことにより、できなくなりましたけどね。

当記事では、これがどのような裏技だったのかを簡単に解説し、それに代わる裏技というか、今でも使えるちょっとした小技を紹介してみたいと思います。

Huluの利用者の登録状況チェック基準

動画配信サービスHuluは、メールアドレスとクレジットカード番号で利用者の重複がないかをチェックしています。

これらの2点のうち、どちらか1点でも重複があれば、新規登録はできないということですね。

しかし逆に考えれば、メールアドレスとクレジットカード番号を複数用意すれば何度でもアカウントの新規登録できるということになります。

Huluは初回登録時のみ2週間無料でトライアルできます。そして、トライアル期間内に解約すれば一切料金が発生しません。ということは、無限にアカウントを新規登録する仕組みさえ作ってしまえば、登録と解約を繰り返すことで半永久的に無料で使い続けることができることになります。

これを可能にしたのが、Vプリカを使った無料登録の裏技というわけですね。

※再度書きますが、今ではもうできません。

追加捨てクレジットカードVプリカ

Vプリカというのは、その名の通りバーチャルな(仮想的な)プリペイドカードです。これを使えば、実際に口座を作ることなく、クレジットカード番号のみを作ることができます。

Vプリカには前払いタイプのものと後払いタイプのものがありますが、Huluを無料で見る裏技に用いられたのは後払いタイプのものです。無料トライアル登録⇒期間中に解約の流れでは一切の料金が発生しないので、後払いタイプにすれば一切お金をかけずに利用することができます。

Vプリカで複数のクレジットカード番号を用意することができれば、あとはメールアドレスをたくさん用意するだけ。メールアドレスを用意すること自体は、そんなに難しくないですからね。

これが、ちょっと前に流行った裏技の主な流れでした。

今はできなくなったVプリカによるHuluを無料で見る方法

前述した通り、Vプリカを利用したこの裏技は現在では使うことができません。

これは、Hulu側がVプリカでのアカウント登録をできなくしたためです。まあ、この裏技を放任していればHuluも商売上がったりなので、当然ですよね。

しかし、禁則事項となったのはVプリカだけなので、アカウントさえ複数用意できれば無料で使い続けることができるという仕組み自体は今も変わっていません。

まあ、「アカウントを複数用意する」というのが一番難しいんですけどね。しかし、後述する逆転の発想を使えば、アカウントを複数用意しなくとも動画配信サービスを長く無料で使い続けていくことはできます。

複数の動画配信サービスの無料トライアルをハシゴすれば、長い間動画を無料で見ることができる

Vプリカでの裏技はできなくなってしまいましたが、Hulu以外の動画配信サービスも同じように無料トライアル期間を用意しているので、その期間だけを使うつもりで「いろいろなサービスに登録⇒期間満了寸前に解除⇒また登録」を繰り返せば、擬似的にこの裏技を再現することはできます。

ちなみに、Huluの無料トライアル期間は2週間ですが、

U-NEXTdTV楽天ショウタイムNetflixなどの動画配信サービスは1ヶ月の無料登録期間を設けているので、これらの無料登録期間を利用するだけでもかなり長い期間無料で動画を見放題することができます。

当然ながら、クレジットカードをたくさん持っていれば、これらサービスの無料登録期間をカードの枚数分繰り返すことができるので、かなり長いあいだ無料で動画配信サービスを使い続けられることになります。

この裏技(?)については以下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

Huluなど動画配信サービスを使って無料で映画やドラマを見まくる裏技

まだHuluの無料トライアルを試していない方は、以下の記事を参考に登録してみてください。

Huluのアカウント作成・登録の方法を画像付きで解説

再度断っておきますが、無料トライアル期間は期間満了前に解約すれば一切の料金が発生しません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする