Huluのメリットとデメリット。なるべく公平にまとめてみた!

hulu-eye

Huluを使い始めて早3年。いや、4年でしょうか。Huluのユーザー数が2015年5月にやっと100万人を超えたと考えると、かなり古参な方ですね。

今回は、そんなHuluの古参ユーザーである僕が、このサービスのメリットとデメリットについて書こうと思います。

僕はHuluをとても気に入ってますが、メリットばかり書き連ねていても何の参考にもならないので、今回はメリットとデメリットがなるべく公平になるようにまとめてみようと思います。この記事が、Huluに登録するか迷っている皆さんの良き判断材料になりますように。

Huluを利用する9つのメリット

1. 13,000本以上の動画が見放題

hululineup

Huluが提供している動画コンテンツ数は、13,000本以上。ラインナップも頻繁に更新されるので見るものがなくなることもありません。テレビ番組も合わせ、100近いコンテンツが毎週更新されています

Huluはもともと海外ドラマがメインのサービスでしたが、最近は映画もだいぶ多くなってきました。聞けば誰でも名前を知っている作品から、こんなの誰が見るんだってくらいマニアックなものまで、幅広く揃っています。

テレビ方面についてはことさら強く、米ドラマのコンテンツ量に関しては、類似サービスの中でもダントツです。Huluの日本法人を日本テレビが獲得してからは、国内のテレビ番組も急激に豊富になり、ドラマだけでなく、アニメやバラエティ番組、ローカルの旅番組まで見られるようになりました。地上波放送したばかりのドラマもすぐに配信されるので、時間的にリアルタイムでの視聴が難しい人にとっては嬉しいですね。

hululineup2

Huluで見られるテレビ番組一覧。何となく見始めた「ウレロ★未体験少女シリーズ」が、バカすぎて好きです。いつも腹がよじれるほど嫁と笑ってます。

2. 月額933円で見放題

Huluの一番メリットは、何と言ってもそのコスパの良さ。月額933円(税込1,007円)で映画やドラマ、バラエティにアニメなど、実にさまざまなジャンルの動画が見放題できる環境が整ってしまうのは魅力的です。

933円という額をこれを高いと捉えるか安いと捉えるかはその人次第ですが、TSUTAYAなどで週に2本以上レンタルする方なら、たとえすべて旧作で借りたとしてもHuluの方がお得になります。

ドラマやアニメなどの連作を見る方は特にそうですね。特に海外ドラマなんかは平気で10シーズン近くになるものもあるので、これをすべてレンタルで見ようとするとかなりコストがかかります。その点、Huluなら定額でいくらでも見放題することができます。10話見ようが、50話見ようが、値段はかかりません。

Huluのある環境は、例えるなら、TSUTAYAの一角を家の中にそのまま引っ張ってきてしまったような感じでしょうか。テレビで流しておけば、皿洗いやアイロン掛けなど、比較的退屈を感じやすい家事をしているあいだも有意義に過ごせますし、スマホで見れば、通勤時の暇つぶしにも便利です。

3. 今なら2週間の無料トライアル期間が付いている

今、Huluに登録すると、最初の2週間を「無料トライアル期間」として完全無料で使うことができます。無料トライアル期間とは、その名の通り、一切お金を使わずにサービスが利用できる期間です。

無料トライアル期間を設けている動画配信サービスは他にもありますが、Huluは他の多くのサービスと違って個別課金の仕組みが存在しないので、余分に気を使わずサービスを楽しむことができます。

ちなみにこの無料トライアル期間、期間が終わる前に解約してしまえば料金が一切発生しない仕様になっています。つまり、初めから解約前提でサービスを使い始めれば、無料で映画やドラマを見まくることも可能です。

いつこの期間がなくなってしまうかもわからないので、興味がある方は、今のうちに無料トライアルを始めて見るといいでしょう。

登録にかかる時間はわずか3分。案内があった方がいい、という方は以下の記事が参考になると思います。

※追記。読者様からの要望が多かったので、以下のようなイレギュラーな記事も書いてみました。

4. アニメもかなり豊富

huluanime

映画やドラマの陰に隠れがちですが、Huluって実はアニメがものすごく豊富です。「ポケットモンスター」「NARUTO」「名探偵コナン」「進撃の巨人」「おそ松さん」などメジャーどころは勿論、上の画像からも垣間見える通り、アニメ好きも唸るマイナーな作品も豊富に揃っています。前に一度数えたことがあるのですが、タイトルだけでも100は軽く超えてますね。

※実際にどんなタイトルがあるかについては、僕がここで説明するよりHulu公式サイトで実際に見てもらった方が早いと思います。登録しなくてもラインナップは見られるので、興味がある方は、以下の画像の手順に従ってチェックしてみることをオススメします。

huluanimelineup-sf

一応、当メディア内には以下のような記事もあります。

ただ、きちんと最新情報に対応できていない可能性があるので、公式サイトでのチェックを推奨します。

5. マルチデバイス対応

auビデオパス 対応デバイス

Huluはスマホやテレビだけでなく、さまざまな機器で視聴することができます。PC、テレビ、でも、もちろん視聴可能です。

Huluは他の動画配信サービスに比べ対応しているデバイスの幅が圧倒的に広く、対応テレビでなくとも、Chromecastなどのドングル型デバイスや各種ブルーレイディスクプレーヤー、他にプレイステーション4やwiiU、Xbox360などのゲーム機などを持っていれば、テレビの大画面で動画を楽しむことができます。

Huluをテレビで見る場合は以下の記事が参考になります。

PlayStation Vitaやニンテンドー3DSなどの携帯ゲーム機でも見られるので、お子様にとっては嬉しいですね。

Huluがどんなデバイスに対応しているかについては、以下の記事で確認してみてください。

6. 家族みんなで使える

42270877 - family relaxing on sofa watching television together

Huluはアカウントを一つ持っていれば、家族みんなでそれを共有することができます。もちろんそれは、家族みんなで同じテレビでHuluを見る、ということではありません。複数のデバイスをHuluに登録することで、1つのHuluアカウントをみんなで共有できるのです。

つまり、昼間はママがドロドロの昼ドラを見て、夕方は子供たちが人気のアニメを見て、夜はパパが渋い映画を見るといった使い方ができるというわけです。

Huluのシステム上、同時に2つ以上のデバイスで動画を見ることは残念ながらできませんが(※1)933円で家族全員が動画見放題になると考えれば、大した問題ではないでしょう。

補足

同時に2つ以上のデバイスで動画を見ることはできないと書きましたが、それは公式が主張している話にすぎず、実際にやってみるとできちゃったりします。

初めは「僕だけかな」とも思ったのですが、他のHuluユーザーさんのブログとかを見ていると、結構みなさんできているようなので現時点(2015年10月時点)ではできるみたいです。今後修正される可能性は大いにありますが……。

多少窮屈ですが4人で1つのサービスを利用すれば実質200円程度で見放題できる、ということになります。

ちなみに、遠くにいる家族とも共有可能です。(LINEなどで、「今Huluで◯◯見てるよ」「もう少しで終わるよ」などときちんと伝え合えば、バッティングも回避できますね)

7. 視聴状態はアカウントに保存される

Huluでの動画の視聴状態は、デバイスではなくアカウントの方に保存されます。つまり、移動中にスマホで見ていた動画を、家に帰ってからテレビで引き継ぐことができるというわけです。最近ではyoutubeなどを始めとするほとんどの動画配信サービスが対応しているのであまり恩恵を感じにくいかもしれませんが、移動が多い方や、様々なデバイスで視聴したい方にとって大きなメリットですよね。

8. 動画配信サービスの中では画質が良い方

動画を見る上で画質が大切なのはいわずもがなですね。Huluは動画配信サービスの中では比較的画質が良い方です。具体的には、720pのHD画質。わかりやすく言うと、DVDよりも綺麗でブルーレイには及ばない、といったところでしょうか。

あまり大きすぎるテレビで見ると粗が感じられますが、普通のテレビで見る分には、及第点かなと。

9. 便利な事前マイリスト

Huluは13,000本以上もコンテンツがあるから、いざ見ようって時に何を見るかで悩むことって結構多いと思います。ボクは優柔不断なので、そういう状態によく陥いります。それだけで20分とか無駄にしてしまうことがあるくらいに。ある意味病気ですね。

そこでボクが使っているのが、事前マイリストというテクニックです。……まあ、テクニックと言っても、暇な時にHuluの動画一覧を眺めて、少しでも見たいと思った動画をマイリスト登録しておくだけなんですが。しかし、これを利用すれば、優柔不断な人でも、視聴の直前に迷わなくて済みますね。

Huluのデメリット

さて、Huluのメリットを確認したところで、デメリットの方を見ていこうと思います。冒頭でも書きましたが、ボクはHuluというサービスを気に入っています。それこそ、妻の次の次の次くらいに。そうじゃなきゃ3年も使ってないし、妻から中毒者呼ばわりされることなんてなかったでしょう。

ですがそんな中毒者なボクでも、Huluを利用しているとサービスとして弱いなあと感じる部分がちょくちょくあります。これから挙げるのは、ボクがHuluを使っている中で感じた弱い点  デメリットです。

映画方面がまだ弱い

これも上に書きましたが、Huluはもともと映画よりドラマに力を入れていたサービスです。最近は映画もだいぶ増えましたが、それでもまだ、ドラマの方が遥かに充実しています。僕がHuluに登録していちばん最初に感じたがっかりは次のようなものでした。

「え、Huluってハリー・ポッターが見られないの?」

幼き日のエマ・ワトソンの笑顔を見て幸せな気持ちになりたかった僕にとって、それは致命的なデメリットでした。

追記:期間限定配信でしたが2016年にハリー・ポッターが見られた時期がありました。またそのうち見られる時期があると思います。

最新映画が入ってくるのが遅い

最新映画が入ってくるのが遅いのもデメリットの1つです。Huluに入ってくる最新映画は既に最新映画ではなくなっています。もっというと、準新作というくくりにすら入れられなくなっている可能性が高いです。ドラマの方は、現在進行形でやっているものがすぐに入ってくるんですけどね……。

映画は好きだけどドラマにはまったく興味がない人にとっては、これもまた、デメリットとなることでしょう。そういう方にはHulu以外のサービスの利用をお勧めします。Huluより多少値段が張ってしまっても、Huluでは見られない作品が見られる動画配信サービスもありますからね。

吹き替えに対応している作品が少ない

Huluのデメリットとの1つとして、日本語吹き替えに対応していない作品が多々あることが挙げられます。やはりこれもドラマの方はわりと充実しているのですが、映画の方はいまいち対応していない作品が多く、字幕で作品を見ることになります。

もとより映画は字幕で見る派の人にはあまり関係のないことですが、字幕が苦手な人や子供たちにとっては、デメリット以外の何者でもありませんよね。

追記:2017年1月現在、吹き替えに対応していない作品はほとんど見かけなくなりました。

アダルト作品が見られない!

おそらくは男性の皆さんにとって一番のデメリットになるのがこれではないでしょうか(苦笑)Huluでは残念なことにアダルト作品が見られません。「エマ◯エル夫人」とか一部セクシーな映画はありますが、そういう問題ではないですよね。男性の皆さんがみたいのは「ガチなやつ」だと思います。

ガチなアダルト作品が見たい方は素直に他の動画配信サービスを使った方がいいでしょう。個人的にはDMM.comが提供しているDMM見放題chライトが最強です。月500円でアダルトを含めた様々な動画が見放題なので。

アダルト作品が見られる動画配信サービスについては、以下の記事でランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

今見られる映画がずっと見られるわけじゃない

Huluにはちょっと気まぐれなところがあります。どういうことかというと、今まで見られていたコンテンツが突然見られなくなったり、かと思えば、いつの間にかレパートリーの中に戻っていたりすることあるということです。

これは配給会社との契約上の問題なので致し方ないことなのですが、昨日まで見られていた作品がいきなり見られなくなったりすると、結構寂しいものがあります。それが自分の気に入っている作品なら、なおさらです。

ちなみにボクは「ソーシャル・ネットワーク」という作品が好きで何回も見ているのですが、この映画なんかまさに良い例で、ボクの知っている限り2回追加されて2回消えています。

見すぎて他の作業が手に付かなくなる

これはデメリットというか単にその人の自己管理力の問題ですが、動画が見放題というのは、人によってはデメリットになる場合もあるかもしれません。ボクも最初の頃は、Huluでドラマなり映画なりを見ているだけで休日が終わっていました。

パソコンで見ると音が小さい

ボクは結構パソコンでHuluを見ることが多く、動画を流したまま料理をしたり洗濯物をたたんだりすることが多いのですが、パソコンでHuluを流した時の音の小ささにはいつも困っています。というのも、音量をMAXまで上げてもあまり大きな音にならないんです。

もちろん、集中して見れば全然問題ないのですが、ボクみたいにながら作業をするために少しパソコンから離れたり、家族が隣の部屋で何かうるさいことをしていると簡単に聞こえなくなってしまいます。

最初はパソコンの機種にもよるのかとも思ったのですが、DVDを再生したり、Youtubeを見る分にはボクのパソコンでも大音量で流せるので、やっぱりHuluの問題なのだと思います。前にどこかのサイトで、パソコンのHuluは音が小さくて困るという書き込みを見た気もしますしね。ボクはパソコンでHuluを見ることが多いので、できれば早く改善していただきたいデメリットですね。

DVDに勝ててもブルーレイには勝てない

上のメリットのところに書きましたが、Huluの画質は720pのHD画質なのでDVDよりは画質が良いです。でも、ブルーレイには敵いません。ブルーレイの画質は、Huluの上をいく1080pのフルHDです。画質にこだわる方は、Huluでは物足りないでしょう。

また、Huluは3Dにも対応していません。赤と青の眼鏡をかけて画面の前に座っても、何も起きません。画質や3Dに対するこだわりがある人は、この点がデメリットに感じるかもしれませんね。

まとめ

以上がボクの思うHuluのメリットとデメリットになります。

コスパがいい、使いやすいなどHuluにはたくさんのメリットがありますが、見逃せないデメリットがあるのもまた事実。933円のサービスだから仕方ないと割り切るか、デメリットがあるなら利用しないと考えるかは皆さんの判断次第。迷って決められないという方は、ぜひ無料トライアルをしてみて、実際の使用感を確かめてみるといいでしょう。

無料トライアル期間とは?

その名の通り、無料でサービスを体験できるお試し期間のこと。期間中にサービスを解約すれば料金は発生しない。

上でも書きましたが、Huluの無料トライアル期間は2週間。初めから無料トライアル期間中に解約する前提で登録して、無料でいろいろな動画を見まくるという使い方もありといえばありです。

無料トライアルはHulu公式サイトから行うことができます。

もし登録方法がわからない方は、以下の記事が参考になるでしょう。

なお、この無料トライアル期間が過ぎてしまうと、登録する気がなくても本登録になってしまうので注意が必要です。1円もかけずに利用したい方は、きちんと期間が終了する前に登録を解除する方法も知っておきましょう。

それでは、良い動画ライフを。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする