U-NEXT対応デバイス一覧

pout

U-NEXTは複数のデバイスに対応しています。デバイスとは、U-NEXTを見ることができる機械のことです。たとえば、パソコンやテレビ、あとはスマートフォンなどがそうですね。このように、サービスがさまざまなデバイスに対応していることをマルチデバイスといいます。

このページでは、U-NEXTが対応しているデバイスを一覧しています。

2017.08.29更新 PS4がU-NEXT再生に対応しました。 

U-NEXTの対応デバイス一覧

デバイス名がリンクになっているものは、そのデバイスでHuluを見るための手順と方法を紹介しています。

たとえば、「chromecast」のリンクをクリックすると「chromecast(クロームキャスト)とは何か」というページに飛びます。

U-NEXT対応テレビ

まずはテレビから。U-NEXTをテレビで視聴する場合、ほとんどはテレビ+αの機器で見ることになると思いますが、中には最初からU-NEXTに対応しているテレビもあります。

  • U-NEXT TV
  • ソニー -「ブラビア」
  • 東芝 -「REGZA」
  • シャープ – 「アクオス/アイシーシーピュリオス」
  • パナソニック – 「VIERA」
  • HITACHI – 「WOOO」
  • LG Smart TV

ただ、ここに名前が挙がっている全てのテレビで視聴できるかというと、そういうわけではありません。単体で視聴できるかどうかは、各メーカーの「スマートテレビ」に限られます。

スマートテレビとは、従来の携帯に対するスマートフォンのように、インターネットをはじめとするさまざまな機能が備わったテレビのことです。「スマートテレビって何?」という方は、以下の記事を参照してみてください。

自分の家にあるテレビがスマートテレビでない場合は、以下に挙げるデバイスをテレビ+αとして使うことになります。

テレビ機能をを拡張するための機器

  • パナソニック – ブルーレイディスクプレーヤー「DIGA」
  • ソニー – ブルーレイディスクプレーヤー
  • ソニー – ホームシアターシステム
  • ソニー – コンポーネントオーディオ
  • シャープ – アクオスネットチューナー
  • TOSHIBA – ブルーレイディスクプレーヤー
  • Nexus Player
  • Chromecast
  • Amazon Fire TV
  • Fire TV Stick
  • PlayStation Vita TV
  • NTT西日本 光BOX+
  • WD TV Live
  • Apple TV

ゲーム機

U-NEXTはゲーム機への対応が壊滅的でしたが、2017年8月29日よりPS4再生に対応しました。Nintendo機にも対応してほしいなあ。

  • PlayStation Vita
  • PlayStation 4

PC

U-NEXTを視聴できるOSはWindowsとmacの2種です。
また、どちらで視聴する場合でも、Silverlightというソフトをダウンロードする必要があります。

以下は各OSの推奨環境です。

Windows

  • バージョン:Windows Vista SP2以降 / 7 SP1以降 / 8以降 / 10
  • ブラウザ:Google Chrome / Firefox / Edge / Internet Explorer 10.0以降
  • プラグイン:Adobe Reader / Silverlight 5.0.61118.0以上
  • 設定: JavaScript / Cookiesが有効

mac

  • バージョン:Mac OS 10.5.7以降(インテルベース)
  • ブラウザ:Google Chrome / Safari / Firefox
  • プラグイン:Adobe Reader / Silverlight 5.0.61118.0以上
  • 設定: JavaScript / Cookiesが有効

Windows、macのどちらも推奨される回線速度は「有線または無線での速度で実測2Mbps以上」です。

モバイル

スマートフォン、タブレットでもU-NEXTを利用することができます。

  • ios
  • Android

視聴には専用アプリケーションが必要になります。

U-NEXT対応デバイス一覧まとめ

今回の記事ではU-NEXTに対応しているデバイスをまとめてみました。やっぱり、類似サービスのHuluに比べると対応しているデバイスは全体的に少ないですね。テレビやテレビ機能を拡張する機器はHuluに比べわずかに多いですが、ゲーム機に関しては……ゲーム機主体で動画を見たい人は、U-NEXTを諦めHuluに行くか、U-NEXTがゲーム機に対応していることを願って気長に待ちましょう。

なお、U-NEXTは、1アカウントで複数デバイスから同時視聴が可能です。U-NEXTがデバイス方面でHuluに勝っている部分があるとすればここですね。Huluは同時に1人までの視聴しかできないので。

こんなところでしょうか。やっぱり対応デバイスが少ないと、書くことも少ないですね。

一応、U-NEXT側も、対応デバイスを随時増やしているとのことなので、今後の展開に期待したいところです。

動画を見るならU-NEXT

スポンサーリンク

シェアする

フォローする