Netflixとは何か

netflix-eye

このページでは、世界最大級の動画配信サービス、Netflixのプランやその他特徴などについてまとめています。

Netflixとは何か

Netflixは、月額650円〜1,450円で映画やドラマなどを見放題できる動画配信サービスです。3つのプランを用意しており、どれを利用するかで見られる料金がかわってきます(プランについては後述)。

アメリカ発祥のサービスで、配信しているコンテンツ数は100,000本以上。利用者数、コンテンツ数などの観点から、世界最大級の動画配信サービスとも言われています。

日本向けサービスが開始されたのは、2015年9月。大手動画配信サービスでは遅い部類に入りますが、私たち日本人からすれば非常に新しいサービスといえます。

ちなみにアジアの国でNetflixがサービスを開始したのは、日本が初めてです。

Netflixの特徴

Netflixには以下のような特徴があります。

  • 完全見放題制
  • 3つのプランがあり、プランによって画質や同時視聴人数が異なる
  • Netflix自体がオリジナル作品を制作し、提供している
  • 多くの作品が吹き替え対応
  • 成人コンテンツはない
  • 5.1chに対応
  • 日本向けサービスは「世界最大級」ではない

各特徴について、詳しくまとめていきます。

完全見放題制

動画配信サービスの中には、配信されているコンテンツが見放題作品個別課金作品とに分かれているものがあります。見放題作品は月額料金だけで見放題できますが、個別課金作品は、月額料金とは別にお金を払わなければ視聴できません。

見放題作品と個別課金作品が分かれていると、見放題か課金かをいちいち気にする必要があったり、見放題と課金の作品がごちゃ混ぜになって一覧されていたり、どうしてもシステムが複雑になってしまいます。

その点、完全見放題制はシンプルで使いやすいサービスだと言えます。

3つのプランがある

上にも書いた通り、Netflixには3つのプランが用意されています。プランによって変わるのは画質と同時視聴人数で、見られるコンテンツ数は変わりません。プランの詳細は、以下の通りです。

ベーシックプラン

月額650円の最も安いプラン。SD画質で、同時に1人まで視聴可能。

スタンダートプラン

月額950円の基本的なプラン。HD画質で、同時に2人まで視聴可能。

プレミアムプラン

月額1.450円の最もランクの高いプラン。4K UHD画質で、同時に4人まで視聴可能。

ちなみに、同じアメリカ発祥・完全見放題制のサービスであるHuluは、月額933円でHD画質対応なので、Netflixのスタンダードプランとほとんど同水準です。

Netflix自体がオリジナル作品を制作し、提供している

Netflixは多くのオリジナル作品を提供しています。これはNetflixの特徴の特徴の1つでもあり、魅力の1つでもあります。

「映画やドラマがたくさんあるのに、わざわざオリジナルの作品を見る人なんかいるの?」

と思う方もいるでしょうが、Netflixは番組制作にだいぶ力を入れており、オリジナル作品といえど質が高く、エミー賞など数多くの賞を獲得しています。登場人物が視聴者に語りかけたり、テレビだったら放送コードに引っかかるような悪人をあえて主人公に据えたりするなど、「映画やドラマではできないような独特の演出」を多数試みていることが評価されているようですね。

Netflixは、ネットというさらに自由な媒体をツールにしたことによって、さらなる自由を獲得しました。だからこそ、テレビでは決して見ることのできない、モラルというものがまったくないフランクのような存在を通じて人間の本性を心ゆくまで堪能できる快感が得られるのです。(出展:Netflix日本非公認ファンブログ)

※フランク……Netflixオリジナル作品「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の主人公。

多くの作品が吹き替え対応

Netflixが提供している海外作品は、基本的にほぼすべて日本語吹き替え対応です。

類似サービスのHuluが吹き替えに弱いことを考えると、これはNetflixの大きな強みになります。

必要があるかはわかりませんが、スペイン語、フランス語、ドイツ語にも吹き替え可能です。

成人コンテンツはない

Netflixには成人コンテンツがありません。

大手動画配信サービスで成人コンテンツが見放題できるのは、U-NEXTだけです。

5.1chに対応

5.1ch(チャンネル)とは、6つのスピーカーを用いて、聴く人を取り囲むように音を再生する音響システム構成のことです。簡単にいってしまえば、映画館と同じような音で、自宅でも動画が楽しめるということです。

ただ、安く簡単に構成できるというわけではないので、Netflixのためにわざわざサラウンドシステムを構築する必要があるかといえば、微妙なところです。

ちなみに、5.1chに対応しているのは、大手動画配信サービスではNetflixだけです。

日本向けサービスは「世界最大級」ではない

ここまで挙げてきた特徴を読む限りでは、Netflixは最強の動画配信サービスのように思えます。ですが、もちろん弱点がないというわけではありません。むしろ、致命的な弱点を抱えています。

上で、Netflixは世界最大級のサービスと書きました。利用者数でも、コンテンツ数でも、と。

しかし、それはあくまで本家Netflixの話。

日本向けのNetflixは、本家Netflixに比べると圧倒的にコンテンツ数が少ないので、とても「世界最大級」といえるレベルではないのです。

コンテンツ数100,000本以上というのも本家Netflixの話。日本向けNetflixのコンテンツ数は、Huluの13,000本よりも少ないと言われています。

ただ、他の国のNetflixは動画コンテンツ数が豊富だといわれているので、作品数の問題に関しては、今後改善される可能性は大いにあります。

きっと本家Netflixも、日本での事業が上手くいくかどうかを判断している最中なのでしょう。今後軌道に乗るようであれば、Huluと同様、もしくはそれを上回るように、動画コンテンツが追加されていくものと思われます。

Netflixまとめ

この記事では新しい動画配信サービスNetflixについてまとめてきました。

正直、日本向けNetflixは、まだ発展途上のサービスです。ただ、世界最大級という圧倒的なパワーを本家Netflixがバックについていると考えると、他のサービスよりは土台が安定していて、伸びしろがありそうです。本家Netflixが保有している100,000本以上のコンテンツのうち、どの程度が、日本でも見放題できるようになるのか。今後の発展が楽しみですね。

Netflixに登録しようかどうか考えている人は、無料トライアルをしてみるといいでしょう。Netflixは初めて登録した方に31日間の無料トライアル期間を設けています。この期間中に解約をすれば基本的には出費ゼロでサービスを楽しめるので、興味があるならぜひトライアルしてみましょう。

百聞は一見に如かず。いくらネット上で情報を漁っても、自分で実際に使って得られる情報量には、遠く及びません。

Netflixの日本語版公式サイトへは、以下のリンクから行けます。

Netflix

他の動画配信サービスについて知りたいという方は、以下の記事が参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする